収益物件でさまざまな対策

 収益物件は、さまざまな対策に利用することができます。その中でも「年金対策」や「税金対策」を目的に、収益物件を始める方も多いのではないでしょうか。このページでは、収益物件で可能なさまざまな対策をご紹介しております。

収益物件で年金対策

 さまざまな理由で収益物件の購入をお考えだと思いますが、一丸多い理由は安定した収入が老後も得られることではないでしょうか。年金だけで生活を送るのはとても不安です。ましてや、今の世代の人たちが年金をもらえる年になったとき、果たして本当にもらえるかどうか怪しいものです。今後の不安が大きいため、収益物件で安定した収入を得て年金対策を行いたいとお考えだと思います。では、収益物件でどのような年金対策ができるのでしょうか?

■マンションで年金対策

 マンションで年金対策とは、収益物件としてマンションを購入して、それから得られる毎月の賃料を年金代わりとして得られるということです。もし、実際年金をもらう前にローンが完済しているのなら、それまではマンションの収入で補うことができます。ローンの返済も、入居者が支払う家賃で返済しているのですから、ローンを返済しながらマンションという資産も手に入り、老後の年金対策としても収入が得られるのですから、まさに一石二鳥ではないでしょうか。収益物件から得られる収入も、その時代や物価によって変動するものなのでインフレ対策にもなります。年金だけで不安な老後を、安心した老後に変えるために収益物件を始める人が増えているのです。

 また、年金の代わりだけでなく節税面での効果も発揮します。購入したマンションは資産として残るので、万が一管理者が亡くなったとしても、ご家族にマンションと家賃収入を残すことができるのです。遺産としてもご家族に残すことができる利点もあり、またローリスクな面も収益物件で年金対策を行う理由なのです。

収益物件で税金対策

 収益物件を購入することは、税金対策にも繋がります。経営を行えば、必ず税金が付きまとうものです。収入を得て、なおかつ税金対策もできる収益物件はまさに理想の資産運用ではないでしょうか。その税金対策をご紹介します。

■収益物件は相続税対策に有効

 収益物件でアパートやマンションを購入されると思うのですが、不動産賃貸経営やマンションなどを運営することは、相続税の軽減に繋がります。アパートやマンションを建設すると、その物件の土地は「貸家建付地」と評価されます。これは、自宅土地や更地よりも低く評価されるのです。それに、建設のために借り入れしたお金は全額相続財産から引かれるのですが、建物は建設時の価格よりも低く評価されることが多いのです。これを利用して、相続税対策を行うというわけです。相続税の評価額は、固定資産税の評価額です。節税効果として木造アパートの場合は評価額から30%控除されるため、約58%程度が建築費に対して評価減となる可能性があります。

check

大阪のサバゲー
http://www.indoorfield-wtap.com/shop/
白崎海洋公園のダイビング
http://www.ssstrys.co.jp/

Last update:2017/1/23

Copyright (C) 2008 the 収益物件. All Rights Reserved.