収益物件の欠点

 さまざまな利点があるように思える収益物件ですが、もちろん欠点も存在します。それは、不動産ならではの欠点といえるでしょう。このページでは、収益物件の欠点についてご紹介したいと思います。 広島 賃貸で欠点の少ない物件を選ぶといいでしょう。

流動性の低い収益物件

 収益物件として購入する建物は、動かすことができません。つまり、お金が必要になり換金しようと思っても、株や預貯金のようにすぐに換金できるわけではないのです。通常は現金化するのに数ヶ月はかかってしまいます。そのため、収益物件は流動性が低いことが欠点といえます。どうしてもお金が必要ということで売り急いでしまうと、かなりの低価格で売却することになるかもしれません。あくまでも、余裕のある状態で収益物件を購入する方が良いと思います。

収益物件売却の低価格

 最近の不動産価格は、都心部では上昇傾向にあるようです。それを狙って不動産を売却する手もあるのですが、収益物件の目的は安定した利益を持続して得ることにあります。思わぬ価格の下落でキャピタルロスになることを考慮すると、将来的に定期的に収入が見込める収益物産を手放すのはマイナスのように感じます。一時的な収益よりも長い間持続して得られる収益の方が、現実的のように思えます。

 ここのところ景気は回復傾向にありますが、それが不動産の価格上昇となるかというと難しいと思います。バブル期のような異常なほどの価格上昇は、この先訪れないでしょう。立地条件によっては利益を得られる可能性もあるのですが、好条件の物件を購入するのは簡単なことではないと思います。他の皆さんも、同じ考えでしょうからね。もし、キャピタルゲインを狙うのであれば、将来的に値下がりのリスクを伴わないような立地条件の物件を購入しましょう。

中古物件は老朽化も考慮する

 雑誌やインターネットに記載されている不動産の利回りは表面利回りなのですが、高い利回りが記載されている中古物件については、全て管理人である所有者が対応しなければなりません。マンション、または区分所有なら管理会社や組合がきちんと管理しますのであまり心配はないのですが、水周りなどの設備の不具合や自然災害で引き起こされるトラブルなど、さまざまなことで入居者からクレームが入りますので、事前に修繕会社などを決めておくようにしましょう。

自然災害によるトラブル

 雷や台風、地震といった自然災害で引き起こされるトラブルは仕方のないことなのですが、それに対応できるようにしっかりとした解決策や保証を考えておきましょう。日本は地震が多い国として有名ですが、その他にも台風などで引き起こされ土砂崩れといった二次災害にも、しっかりと対応できなければなりません。最小限に被害をおさえられるようにしておかなければならないのです。

 その対策として保険に入ることを皆さん思い浮かべると思うのですが、ローンを組む際通常入る保険は「火災保険」のみです。いくら地震が多い国といっても、「地震保険」は結構高額な保険であるため加入する必要があるかどうか見極めなければいけません。もちろん、地震保険に加入することにこしたことはないのですが、それによって利回りが望めないようであれば収益物件の意味がないからです。その地域は地震が頻繁に起こる場所なのか?地盤的にしっかりした土地なのか?建物に地震対策は施されているのか?など、このような情報を調べておくだけでもちょっとしたリスク回避に繋がります。

recommend

様々な料理に合わせた和食器を通販しています。

和食器 通販

バルーン・ゴム風船・ヘリウムガス風船の事なら何でもバルーンワールド(Balloon World)にお任せ!

ゴム風船

七五三の写真撮影のことなら、お任せください。

七五三で写真撮影を横浜で頼む

Last update:2017/10/3

Copyright (C) 2008 the 収益物件. All Rights Reserved.